キッチン

キッチンの壁、タイルにするか?キッチンパネルにするか?

タイル、キッチンパネルそれぞれのメリット・デメリット

キッチンに使われる壁材は昔からタイルが使われることが多かったです。しかし近年では、「コスト」「施工性」「メンテナンス性」の観点からキッチンパネルが使わることが多くなってきました。

では、具体的に「タイル」「キッチンパネル」それぞれのメリット・デメリットをまとめてみます。

タイルのメリット

・多種多様なデザインのタイルがある。

様々な風合いや色彩、形、材質感が表現できるのでオリジナリティを出すことが出来る。「人と同じのはイヤ」という方におすすめです。

・耐火性、耐熱性に優れている

近くにコンロがあるので、キッチンの壁は耐火性が求められます。

・防水性に優れている

・耐久性に優れ、劣化・変色・変質がない

タイルのデメリット

・目地に跳ねた油汚れが取れにくい

・固いものが当たると、割れてしまう

キッチンパネルのメリット

・表面がツルツルなので汚れが取れやすい

・目地がないので、掃除しやすい

・タイルと比べてコストがかからない

キッチンパネルのデメリット

・タイルに比べて種類が少ない

キッチンパネルは種類が少ないので、タイルのようにオリジナリティーを出すことはできない。

・無機質な仕上がり感

キッチンパネルの種類

キッチンパネルには、いくつかの種類に分けられます。大きく分けて「メラミン化粧板」「ホーローキッチンパネル」「ステンレスパネル」に分けることが出来ます。

メラミン化粧板

メラミン樹脂を含浸させた薄い紙を重ね合わせ、高温高圧でプレスした樹脂成型板。テーブルや家具の天板にも使われています。

ホーロー

タカラスタンダードが出しているホーロー製のキッチンパネルです。タカラでは「ホーロークリーンキッチンパネル」と呼んでいます。

丈夫な鉄のベースにガラス質を焼き付けて生まれる高品位ホーローです。表面のガラス層は汚れや湿気を寄せつけず、ずっと清潔さを保つことが出来ます。

でもやっぱりタイルがいい!とい方には、油汚れに強い目地材がおすすめ

掃除のしやすさやコストを考えると、キッチンパネルのほうが優れていると分かってはいるけど・・・・。

でも、「やっぱりタイルのほうが好き!」という方には、油汚れに強い目地材がおススメです。

 

関連記事

  1. キッチン

    ホーロークリーンレンジフード | システムキッチン | タカラ

    ホーロークリーンレンジフード管理人一押しのレンジフードがタカラ…

  2. キッチン

    キッチンのコーキング部分のカビと永遠にサヨナラ出来る「ハイバックカウンター」

    キッチンのコーキング部分のカビキッチンカウンターと壁との取り合いに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    1. 浴室

      もうお風呂のカビで悩まなくていい。カビが生えにくい浴室ドアとは?
    2. トイレ

      新事実発見!トイレの中で一番汚れているのは「便器」でなく「壁」だった!
    3. 家電

      はたして「自動掃除機能付きエアコン」は人間に替わってどこまで掃除してくれるのか?…
    4. その他

      ハウスクリーニングのプロがおススメする洗濯パンとは?
    5. 浴室

      掃除しやすいお風呂の換気扇
    PAGE TOP